3分で切り替わる巨大調光ガラスが光を調節し冷暖房効率向上。最新スマート住設

Impress Watch
News

巨大調光ガラス「ヘイリオ」をリアルタイムで調光

AGC(2018年に旭硝子から社名変更)は、「住宅・ビル・施設Week」のブースで、独自技術による大型の調光ガラス「ヘイリオ」を展示した。

従来の調光ガラスが20分以上かかっていた調光操作を、わずか3分間という短時間で完了できる高速さと、全体が終始均一な色合いのまま調光できる点が特徴。カーテンやブラインドを設置することなく、ガラス単体で室内に届く光の強さをコントロールでき、冷暖房効率の向上、冷暖房コストの削減にも貢献する。

米ベンチャー企業キネストラル・テクノロジーが開発。同社とAGCが設立した合弁会社ヘイリオインターナショナルが日本国内での販売を担う。

2018年10月には、台湾に最大3.0×1.5mサイズの調光ガラスの製造が可能な新工場を設立し、本格生産に入っている。すでに海外では複数の物件に対して納品が完了しており、国内の物件においても2019年春移行から順次納品が始まる予定。展示ブースでは約1.5m四方の巨大なヘイリオ4枚をその場で調光するデモを行なっていた。