快適性:なぜ調光システムが必要なの?

ガラス開口部が広がったことによりもたらされる、断熱・遮熱や防眩と眺望の確保、プライバシーの保護など、様々な問題を解決するのが、調光ガラス<ヘイリオ>です。

自然光が病気からの回復を促進

自然の光と風景を採り入れた環境づくりは、患者様の病状の回復を早めることに役立つと言われています。ヘイリオなら、外の景色を楽しみつつ、室内に射しこむ光の量を調節できます。こうした心地良さは、医療施設で働くスタッフにもプラスに影響し、欠勤の防止や作業効率の向上に役立つと言われています。

自然光で学習効率がアップ

研究では、自然光や外の世界とのつながりがあることによって、学生の学習スピードや創造力が高まるとの結果が示されています。教室内の温度や光のコントロールは、集中力維持のために欠かせません。

生き生きとした空間を実現

美術館の設計につきものの課題は、十分な自然光を採り入れながら、紫外線が引き起こす色褪せから美術品を守ることです。ヘイリオなら、自然光を存分に採り入れて屋外の風景と一体化した空間デザインを実現しながら、貴重な作品をダメージから保護できます。(※色褪せ等のダメージのすべてを防ぐわけではありません。)

自然光によって生産性アップ

十分な自然光が得られたり、窓から外が見えることが従業員の生産性を高める、という調査結果があります。しかし一方で自然光のコントロールは難しい課題です。ヘイリオであれば、日差しの熱やまぶしさをブロックしながら、外の環境とも常につながりを感じていられます。

ヘイリオを支える最新テクノロジー »